【 村岡高校生と紙漉活動 】

_IMG2684_edited.jpg

Installation

art

2020年度は「和雲+ワークショップ」の新しい企画スタート

2013年度、長須で紙漉に取り組み始めたときから地元・兵庫県立村岡高校と連携し、授業の一環として、高校生が紙漉に関わっています。
【地域創造系】というコースの2年生、3年生から各2名ずつ計4名が2年間に渡って紙漉の基本を学び、新たな自由な発想で企画し、地域とコミットしながら創る活動です。
こちらも初めてのことばかりで、一緒に学び、実験する日々。
「紙漉」を通じて、紙のことだけでなく、様々な地域資源やこれまで培われてきた地域の文化・技術の魅力を再発見し、これからの暮らしや社会に視点を変えて活かせる力や想像力をみんなで持てるといいな、と考えています。

先生方や多くの地域の方々の協力を得ながら、学生さんたちと一緒に成長する【伴走者】を紙処は目指しています。



■ 兵庫県立村岡高校ホームページ
http://www.hyogo-c.ed.jp/~muraoka-hs/ 
 

図表:村岡高校ホームページより

 

そろそろ はじまる!
​プチイベント開催

[コロナの影響により、延期となりました]

和雲 + ワークショップ

< 里山Meets >

Installation

art

つくった紙や和雲を、その場で飾って・灯して、風景と共に楽しむイベントです。

第1弾「八幡山公園(香美町・村岡区)」2020年6月末7月末

※今回は規模を縮小し、関係者等の限定で開催します。ご了承ください。

水にうかぶライト【 和雲 - Waku - 】

2018年度、新たな試みにみんなでチャレンジ。
昨年度最後の授業で提案された「ナイトプールでうかぶライト」の実現を目指して、水に浮かぶ和紙づくり!
試行錯誤の末、夏には温泉旅館「井づつや」さんにてお披露目会を行うことができました。
その後も地元での展示や、一般の方とアレンジした和雲づくりワークショップを高校生が中心となって活躍。
まだまだ改善改良の余地あり、現在も発展途上の取組みです!

ー 和雲の説明 ー

 私たち村岡高校生は、神戸から香美町・長須集落に移住してきた本多秋香(ほんだ あいか・香美町地域おこし協力隊OG)さんに教えてもらいながら、和紙の紙漉きを行っています。「村岡ダブルフルウルトラランニング」の賞状を作ったり、地域の小学生とハガキを作ったりしています。

 和紙は、水を張った漉槽(すきぶね)に、楮(こうぞ)の木の繊維をたたいてほぐしたものと、花オクラ(トロロアオイ)の根をつぶして作った粘液をまぜて、それを簀桁(すげた)という木枠の道具で汲み取って漉いていきます。原料を汲み取った簀桁を揺することによって、楮の繊維と繊維がからまり、丈夫な和紙になります。

 和紙はノリなどの接着剤を使用せず繊維を絡めているだけなので、水につけると溶けてしまいます。昨年流行ったナイトプールのように、水の上に浮かべることができたら、と思って試行錯誤を重ねました。それが「和雲(Waku)」です。エゴマ油などの力を借りると、雲のように水の上でゆらゆら浮かぶんです。中にはLED電球が入っています。とっても小さくって、かわいいでしょ!

 和紙の持っているあたたかさを伝え、和紙を通してたくさんの人とつながり、地域の魅力を発信できたらと思っています。
 

1/1
Rep_和雲デビュー.png

隣町・湯村温泉の老舗旅館「井づつや」さんで【和雲】のお披露目をしました。
興味を持ってくださったお客さまに、高校生が熱心に説明。
​さまざまなメディアでも取り上げていただきました。

レポートブログはこちら
https://nagasuu.blogspot.com/2018/09/waku.html

【 高校生と紙とあれこれ 】

紙漉や林業など「里暮らし」の様子は
ブログ「なのくらし」からお知らせしています

カミドコロながす

Handmade Paper in Nagasu Village

〒667-1364 香美町村岡区長須340-2 お宮さんヨコ T&F : 0796-80-1207 WEB : http://kaa-mii.wixsite.com/kamidokoro Email : kamidokoro@zoho.com

なマーク.png

© 2014 by Kamidokoro Nagasu ・ Rugoa Aika /ながすくらす

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now